着物 高く 売る

【着物を高く売る】気持ちを理解した高価買取システム

着物 売る

着物 売る

着物 売る

着物 売る

着物 売る

着物 売る

 

自宅に長年着ていない着物はありませんか?
着物に不慣れな方は着るのに手間がかかるため、タンスの肥やしになっている着物も多いのではないでしょうか?

 

実はいま、若い人や外国の方に着物が大変人気なのです。
普段着として着られる方、洋服にリメイクする方、インテリアにする方、お土産にする方など、使い方は様々です。

 

しかし新品の着物は非常に高価なため、中古の着物に注目が集まっています。
昔の着物ですが、品質が良いものや柄が可愛いものなどがたくさんあります。

 

着物は曲線で裁断しませんから、ほどくと真っ直ぐな布になります。
古い着物を小物にリメイクする作家さんもたくさんいらっしゃるので、着物を買取する業者がいるわけです。

 

着物を高く売るなら、その価値がわかる鑑定人に査定を依頼しませんか?
訪問買取、宅配買取、持ち込み買取など、いろいろな方法で買い取ってくれるのでオススメです。

 

不要な着物がございましたら是非ご活用ください。

 

着物 売る 値段

 

 

黒留袖(くろとめそで)

 

黒留袖 着物 売る

 

留袖という着物は下半身にのみ絵柄が入っており、絵柄には鮮やかで華やかなものが多いのが特徴です。
この留袖には、黒留袖と色留袖の2種類があります。

 

黒留袖は、既婚女性のみが着用することが出来る格調高い着物です。
主に結婚式で新郎新婦のお母様やお祖母様が着用していますね。他にも結納やお宮参りなどおめでたい特別な日に着用されます。

 

お葬式で着る喪服も黒ですが、こちらは絵柄の全く無い別の着物なのでご注意ください。

 

黒留袖には紋がはいっており、紋の数によって五つ紋付、三つ紋付、一つ紋付などの種類があります。
五つ紋は両肩の2ヶ所、背中に3ヶ所の紋が入っており、留袖のなかで最も格の高い正装です。

 

 

色留袖(いろとめそで)

 

色留袖 着物 売る

 

上記に示した通り、留袖には黒留袖と色留袖の2種類があります。
色留袖も黒留袖と同様に下半身にのみ絵柄が入っており、その模様は鮮やかで華やかなものが多いのが特徴です。

 

色留袖は、既婚者に限らず未婚の方も着用することができます。

 

色留袖は着物の地が黒色以外のものを指し、下半身の部分に華やかな模様が施されたものです。
用途としては親族として参加する結婚式や式典などのフォーマルな場面で着用されることが多いです。

 

色留袖にも黒留袖と同じように紋が入っているものもありますが、無いものもあります。

 

 

訪問着(ほうもんぎ)

 

訪問着 着物 売る

 

訪問着は既婚や未婚、若い方、ご年配の方でも着ることができて、留袖に次いで格調の高い着物です。

 

結婚式や結納、お宮参り、お茶会やパーティーなどにも着用されます。
留袖よりはややカジュアルな着物です。

 

訪問着の特徴は絵柄が胸元から袖、そして裾まで描かれており、一枚の絵になるように仕立てられています。
これを絵羽模様といいます。
裾全体、袖から身頃、衿から肩に掛けて着物全体の柄が一枚の絵のようになるのが美しく、愛好家の多い着物となっています。

 

一見すると色留袖に似ていますが胸元に絵柄のないものが色留袖で、胸元に絵柄があるものが訪問着ですので、そこに注意すれば簡単に見分けられます。

 

訪問着はまず生地を採寸の通りに裁断して仮縫いを行って着物として仕立てた後で絵を描き、それをほどいて染色作業をするという大変手間のかかる着物です。
帯の上にも下にも絵柄があり、そのすべてが縫い目をまたいでつながっているのが特徴で、その手間の多さからどうしても高額になります。
著名な作家が手がけた訪問着は特に人気があり、一生物の価値があります。

 

絵柄には上品なものから華やかなものまで様々あり、シーンによって着こなしを変えることができ、また年齢に縛られないので長く着られることや使いやすさから需要の多い着物です。

 

 

付下げ(つけさげ)

 

付下げ 着物 売る

 

付下げは一見すると訪問着に似た着物ですが、訪問着とは仕立て方が全く異なります。
日本は戦争を経験しておりますが、その際に贅沢品はご法度ということで訪問着などの豪華な着物の着用が出来なくなりました。

 

訪問着の代替品として登場したのが、付下げ(つけさげ)です。

 

付下げは反物の時にすでに絵柄が付けられているため、1枚の絵のように仕立てられる訪問着よりも安価で作ることができます。

 

付下げには繋がった絵柄がないため訪問着よりはやや見劣りするものでありましたが、近年は技術の向上によって差があまり感じられなくなっています。

 

ですからどちらが高価であるかをはっきりと断言することができません。

 

付下げも訪問着と同じようなシーンで着用され、結婚式や結納、お宮参りや七五三、お茶会やパーティーなど幅広く活躍する着物です。

 

 

振袖(ふりそで)

 

付下げ 着物 売る

 

日本人が着物を想像するとき、振袖を思い浮かべる方も多いのではないでしょうか?
成人式は振袖姿の女性が華やかですね。

 

振り袖は身頃に近いほうの袖端は縫われておらず開口しており、袖丈が非常に長いのが特徴です。

 

なぜ袖丈が長くなったのかというのには諸説ありますが、江戸時代に娘に踊りを習わせる親が増えて、その踊りの時に身振りを美しく見せるために長くなったと言われています。

 

振り袖は黒留袖・色留袖・訪問着に相当する礼服で、現代では主に若い未婚の女性が着用します。
成人式や結婚式、卒業式などフォーマルなシーンで着用されることが多いです。

 

本来は未婚・既婚にかかわらず若い女性が着用するものでしたが、ある程度の年齢になると着用しなくなるものでした。

 

江戸時代には男女問わず着られるものだったのですが、関所を通過する際に未婚女性は振袖でないと因縁をつけられてしまうので、スムーズに通過するために「未婚女性は振袖を着る」という認識が広まったと言われています。

 

そして振袖は、袖丈の長さにより次の3つに分けられます。

 

・大振袖(本振袖) (袖丈114cm前後)
・中振袖      (袖丈100cm前後)
・小振袖      (袖丈85cm前後)

 

今日の成人式で着用される振袖のほとんどが、大振袖です。